腫瘍科

腫瘍科のアイコンすべてのガンに共通して言えることは、早期発見が最も大事な治療です

飼い主と犬

病院と飼い主様が二人三脚で
ガンと向き合い治療を行っていきます

病院

腫瘍科のアイコンガンの治療

  1. 外科治療

    ガンの進行度合いで手術方法が異なります。ガン切除の程度により、根治手術、姑息的手術などがあります。治療方法を決定するために、ガンの種類などを確定させる検査を目的とした手術もあります。

    早期発見されたガンであれば、手術のみで完治することも可能です。ガンがある程度進行している可能性がある場合、抗がん剤などの他の治療と併用することもあります。

    外科治療
  2. 化学療法
    いわゆる抗ガン剤です。一般的に副作用が怖いイメージがあると思いますが、腫瘍の種類、動物の状態により、適切な抗がん剤の種類、用法を選択して治療を行います。
    注射で入れる薬剤、点滴でいれる薬剤、内服する薬剤などいろいろな種類の抗ガン剤があります。リンパ腫など抗ガン剤が治療のメインとなるガンもありますが、多くの場合は外科手術などと併用して行われる治療です。
    化学療法
  3. 放射線治療
    放射線を当てて、ガン細胞を破壊します。ガンの種類により、放射線感受性(治療効果の出やすさ)が異なり、化学療法同様に外科手術と併用して治療が行われることもあります。鼻の奥のガンなど放射線治療が主な治療となるガンもあります。
    放射線治療
  4. その他の補助治療
    ガンが進行している場合、完治が困難なことがあります。その場合でも、治療は終わるわけではありません。 ガンによる痛み、苦しみを減らすための治療があります。人のホスピスのように、出来るだけ苦痛のない余生を送るために出来ることは色々あります。
    その他の補助治療

腫瘍科のアイコン飼い主様のお力が必要不可欠です

手遅れになる前に・・・
少しでも異変に気づいたら連れてきてください